2011年09月02日

Heapsの意味と使い方

Heap
(hiːp)



もともとの意味は
an untidy pile of something
(整っていない何かの固まり)


ですが、オーストラリアでは若者の間でHeapsがとても頻繁に使われます。

使い方も上のものではなく英語の「Many,A lot of」と同様に使われますが、A lotよりもHeapsの方が多く使われるくらいです。



例えば、アメリカ英語では「ありがとう」を

Thanks a lot!

とか言いますが、

オーストラリアでは


Thanks heaps!


です。


また僕の友達はメッセージで実際にこう書いてきました。

「 i know, it says 7pm. but most people finish heaps earlier than that」



分かりますか?

Heaps earlierというのは普通に日本では勉強しない言い方だと思います。


Many と A lotの違いなど関係なしに、Heapsで全て代用可能なのがオージーイングリッシュ。


他の国で同じような言い方をするのかは分かりませんが、

基本的に英語圏内であれば表現の違いというのはあまり問題にはならず、普通に通じるので大丈夫です。



今日もありがとうございました。


Thanks hepas mates!


人気英語学習ブログが目白押し!他のブロガーさんもとてもためになる事を書いていますので参考にどうぞ↓

人気ブログランキングへ
posted by MEL at 12:00| Comment(1) | 英単語 (形容詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

英単語 Duly

会計学の教科書で出てきた英単語


Adjective

Duly (ˈdjuːli)
意味: in the correct or expected manner (Oxfordより)

正しい、あるいは期待されうる方法。



日本語では正当、適法という意味のようです。

次のようの感じで使うとなると「正当」というよりは「予想通り正しく」といった意味を後に続く動詞に被せる形容詞だと思います。


The document was duly signed by the inspector.

They duly arrived at 9.30 in spite of torrential rain.
(Oxford辞典より)

Dulyの代わりにCorrectlyを使っても問題ないと思います。

例えば株の発行時の文脈で使われる等、CorrectlyよりもDulyの方がフォーマルな形式なのでしょう。



またDulyの反義語は

Unduly


となります。


ただし、「不当に」なども意味しますが、


Undulyは


more than you think is reasonable or necessary (Oxford より)

(思っている以上な、必要以上な)

という意味の副詞となり、


「過度な」という意味で使われるようです。


そういみ意味ではTerriblyなどと似た意味になります。


例えば、


Unduly cold
(ひどく寒い)


などです。
posted by MEL at 21:51| Comment(0) | 英単語 (形容詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。